cover image
page icon

配信ページ|目覚めるぼくらの朝ごはん(やますえ)

糸島育ちの明太子と天然真鯛の出汁で朝ごはん。地元の作り手と明太子マニアの糸島トーク!
💡
画質が悪くて見づらい時はどうすれば? ▷画質をよくする設定方法

イベント概要

「明太子激戦地域」と呼ばれる福岡県で、地元愛に溢れる作り手が、どうしても生み出したかった明太子がありました。
福岡県の西部、玄界灘に突き出た半島に位置する糸島市。イギリスの情報雑誌にて2021年「輝く小さな街」世界3位にも選ばれたというこの地域は、底が見えるほど澄んだ海、鮮やかな緑色の美しい山々を見渡すことができる、自然が生み出す食材の宝庫です。
notion image
notion image
この地域で水産加工物製造・販売業を営む「やますえ」社長・馬場 孝志さんが作りたかったのは、そんな糸島の魅力と、古くからある歴史ある食文化を組み合わせた新しい明太子でした。
糸島産の酒、醤油など地元の素材を使った漬け込み液で仕込む明太子。糸島で獲れた天然真鯛のだしと一緒に、蒸し暑い夏でもサラッと食べられる「めんたい冷汁」を作りましょう。
さらに、参加者限定で、糸島で今が旬のかますの干物も一緒にお届けします!
notion image
明太子が好きすぎて福岡に移住した明太子マニア、田口めんたいこさんも登場!明太子を通して知った糸島の魅力を、馬場さんとともにふんだんに語っていただきます。
糸島にほれ込んだ男と、明太子に魅せられた女の熱いトークをお楽しみに!
 

Map

 

関連リンク

参加ガイド|糸島市 やますえ (明太子)
福岡県の西部、玄界灘に突き出た半島に位置する糸島市。イギリスの情報雑誌にて2021年「輝く小さな街」世界3位にも選ばれたというこの地域は、底が見えるほど澄んだ海、鮮やかな緑色の美しい山々を見渡すことができる、自然が生み出す食材の宝庫です。 この地域で水加工物製造・販売業を営む「やますえ」社長・馬場 孝志さんが作りたかったのは、そんな糸島の魅力と、古くからある歴史ある食文化を組み合わせた新しい明太子でした。 糸島産の酒、醤油など地元の素材を使った漬け込み液で仕込む明太子。糸島で獲れた天然真鯛のだしと一緒に、蒸し暑い夏でもサラッと食べられる「めんたい冷汁」を作りましょう。 この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。 ・だしスープっ鯛!!(10倍濃縮) 220ml ※使い方レシピ付き ・旬の逸品(糸島産かますの干物) ※馬場さんからの特別サービス 以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてください。 お買い物リスト(用意するもの) ・大葉 ・みょうが ・きゅうり ・白ごま ・木綿豆腐 ・ごはん ・冷水 ・氷==調味料== ・味噌 必要な道具 ・包丁/まな板 ・すり鉢またはボウル ・魚焼きグリルまたはフライパン (魚を焼く用) 「めんたい冷汁」 ※かまは乗せても乗せなくてもOK! 材料(2人前) ・明太子 2つ(切れ子) ・大葉 4枚 ・かますの干物 1匹 ・みょうが(小口切り) 1個 ・きゅうり 1/2本 ・白ごま 大さじ2 ・木綿豆腐 1/4丁 ・ごはん2杯分(一人160g) A ・だしスープっ鯛!!

このイベントに参加した人におすすめ