🌸

保育園について

美濃保育園

森林のまちならではの「木育」に取り組んでおり、園舎全体は岐阜県産の木材で作られています。中には樹齢120年のヒノキを活かした柱もあり、子どもたちに木のぬくもりを感じてもらえる施設となっています。
 

持ち物、準備物について

📩
事務局への事前提出書類
一時預かり申込書 
ダウンロードしてご記入後、PDFデータを事務局までメールでご提出くださいませ。
📄
園への提出書類(登園初日)※印刷した原本をご提出
一時預かり申込書 
体調管理シート(ご滞在2週間前からご記入→園へご提出ください。)
※初日は印鑑をご用意ください。
👜
毎日の持参物
・着替え一式×2セットほど(下着も含む。※月齢の小さいお子様は多めにご持参ください。) 
・食事用エプロン(1歳児のみ)
・お手拭タオル 
・ビニール袋2枚(スーパー袋など)
・マスク(毎日つける+予備もあると◎屋外は着用義務なし)※0〜2歳児はマスクなしだが、カバンに予備だけご用意ください。
・オムツ(必要な方のみ)※1枚ずつご記名ください。
<午睡用>園ではコット使用
・パジャマ
・バスタオル1枚
・毛布1枚(膝掛け程度の大きさ)
※パジャマ、バスタオル、毛布は毎日でなく、1週間預けて週1交換。
※ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、使い慣れた哺乳ビンがあれば用意してください。(ミルクは保育園にありますが、銘柄は指定できません) ※ マスク含めて、全ての持ち物に必ず名前を明記してください。
<連絡帳>
園でご用意いただきます。
園での普段の様子や食事のことなど、先生方との共有にご活用ください。
<服装>
私服でお過ごしいただきます。

登園について

保育時間は8:00-16:00です。延長保育のご利用はできません。
(8:15くらいを目処に少し遅めに登園いただけると嬉しいとのことです。)
徒歩で通園していただきます。
▼アクセスマップ
※宿泊施設からは、およそ徒歩13分です。(冬季も徒歩可。)
 

病院について

<総合病院>
<救急センター>
救急医療
最寄りの救急医療機関や地域の医療機関・歯科医療機関の情報をご案内します。 休日や夜間の急病の際や、かかりつけの病院が休みの際など、困ったときの病院探しにご利用ください。 下記のリンクより、岐阜県救急・災害医療情報システム「ぎふ救急ネット」のトップページへ移動できます。 電話対応による案内をご希望の方は、下記の電話番号にお電話ください。 在宅当番医情報(自動音声でのご案内): 0120-55-3071 救急病院案内(中濃地区): 0575-23-3799 休日や夜間のお子様の急な病気やけがの際に、家庭での対処方法や医療機関を受診するべきかなど、判断に迷ったときに、看護師(必要に応じて小児科医師)に電話で相談できるものです。 電話番号 ♯8000(携帯電話、固定電話のプッシュ回線) または、 058-240-4199 相談受付時間 月曜から金曜 午後6時から翌朝8時 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日から1月3日) 朝8時から翌朝8時(24時間) ※保護者の目から見て、お子様の症状が明らかに重篤・重症と思われるときは、119番で救急車をご利用ください。 ※相談は無料ですが、電話料金は相談者のご負担となります。 夜間の急な病気の際の一次診療を行います。 診療科目 内科、小児科 場所 中濃厚生病院  0575-22-2211 時間 月曜から金曜 午後8時~午後10時 ただし、祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除く このページのトップへ
園でご体調を崩されたりお怪我をされた場合は、症状によって個人院を案内いただく場合もございます。症状によって病院も異なりますので、先生方の指示に従ってくださいませ。
 

<冬季の美濃市>

・服装
靴も服装も、普段ご使用のもので問題ございません。
・積雪事情
1月に初雪が降ることが多い。ただ、積もることはあまりないそうです。
2月にたくさん積もる(20cmくらい)が場合があり、それでも1シーズンで2〜3回降る程度です。
→積雪時は園庭でソリ遊びなどする場合もございます。その時は、スキーウェアや長靴があると良いです。状況によりますので、ご家族さまご自身で、天気については事前確認を十分にお願いいたします。