cover image

体験ガイド|【静岡県】タカアシガニ

体験後アンケート
見当たらない
😋
こちらは、今回お届けする食材をおいしく・楽しく食べるための体験ガイドです。目次から好きなところに飛ぶことができます
 
目次
 

タカアシガニのあまい身とクリーミーな蟹味噌を味わうレシピ

🦀
・そのままかぶりつく!タカアシガニ ・揚げてふわふわ!タカアシガニの天ぷら ・蟹味噌ディップで楽しむタカアシガニ

<お料理の下準備>

  • 蟹味噌につけたいものを用意しておく
  • 天ぷら粉がない方は、片栗粉と小麦粉を混ぜておく

<作り方の手順>

手順①:解体作業

  1. タカアシガニの足をキッチンバサミで切り離す(肩から取らずに第一関節から取る)
  1. ふんどし(前かけ)をキッチンバサミで切り離す
  1. ボウルの上でタカアシガニの甲羅を取り外し、胴の部分に残っている蟹味噌も甲羅に戻す(甲羅は下から外すと簡単に外れます)
  1. 灰色っぽいエラなど、食べらえない部分をキッチンバサミで切り離す

手順②:胴体(肩肉)の身を取り出す

  1. タカアシガニの胴体を、キッチンバサミで真っ二つに割る
  1. 身を箸やピンセットなどで取り、お皿やボウルなどにとっておく

手順③:蟹味噌を焼く

  1. 蟹味噌に料理酒小さじ2-3、醤油小さじ1、お好みの量の刻んだ or おろしたにんにくを入れて混ぜる
  1. オーブントースターに入れて、5分ほど焼く (強めの火加減でOK!)
  1. オーブントースターに入れた蟹味噌がグツグツしたら、肩の肉を入れてさらに2-3分焼く
※パンやしいたけなどを一緒に焼きたい場合は、一緒にトースターで焼く
※じゃがいもやクリームチーズなどを用意した方は、器に盛っておく

手順④:足の身を取り出す

  1. タカアシガニの足を剥く第二関節 (胴体から見て2つ目)の少し手前で殻を剥く。(軽く折って引き抜けば身がとれます)
  1. お皿に盛り付けておく(後で残りの半分は揚げる)

手順⑤:タカアシガニを揚げる

  1. [手順④の1]のタカアシガニの身をぎゅっと押して、水分をキッチンペーパーでできる限り拭き取る
  1. 天ぷら粉(または片栗粉と小麦粉を混ぜたもの) ※分量外 をカニの身の部分に軽くまぶす
  1. 天ぷら粉80gを冷水120ccで溶いて、泡立て器等で混ぜる
  1. バットにキッチンペーパーを引いておく
  1. カニの身の厚さより多い油を鍋に入れて、弱火〜中火で熱する(150-160度の低温)
  1. 水分をとったカニをトングでつかみ、1本ずつ揚げる。揚げる直前に天ぷら液を浸して、油の中に入れる。小さな泡が出てくるぐらいの弱火で揚げるのがポイント!
  1. 1分ほど揚げてバットに上げ、油を切る。お好みで塩をかけて皿に盛る
💡
🚨注意🚨 タカアシガニは水分が多いので、揚げる時に油ハネに注意しましょう。事前に水分をよく拭き取ること、また油を熱しすぎずに弱火で揚げてください。(熱しすぎた時は、一旦火を止めて温度を下げてからカニを入れる)
 

お料理する前に見るもの

🛒
お買い物リスト ・醤油 小さじ1 ・日本酒(料理酒) 小さじ2-3 ・刻んだ or おろしたにんにく 少々 ・天ぷら粉 80g (または小麦粉40g/片栗粉40gを混ぜたもの) ・冷水 120ml (天ぷら用。氷水がおすすめ) ・薬味等 (刻みネギ、山葵、レモン、カニ酢) ・蟹味噌を乗せて食べたいお好みの食材  - ごはん  - 薄切りにしたフランスパン・クラッカー  - 茹でたじゃがいも  - しいたけ  - きゅうり  - クリームチーズ (海苔で巻いて食べる)   などなど。
※タカアシガニは蟹味噌がたっぷりです!上記はおすすめ食材ですが、それ以外でみなさんが選んだ食材で楽しんでくださいね。
※蟹味噌を10分ほどトースターで焼く工程があるので、一緒にしいたけやパンなどの食材も焼いていただけます。
 
🍳
必要な道具 軍手 (さばく用)  ※カニをさばく時に怪我をしないよう、必ず用意をお願いします ・キッチンバサミ (さばく用) ・包丁 ・大きめのまな板 (さばく用) ・大きめのボウル (さばいたカニの胴体などを入れる用) ・小さめのボウル (天ぷら液を作る用) ・深めの鍋 (揚げ物用) ・トング (揚げ物用) ・泡立て器 ・スプーン ・バット 2枚 (剥いたカニを置く用、また揚げたカニの油を切る用) ・キッチンペーパー (剥いたカニの水分を取る用、揚げ物用) ・アルミホイル

「ごちそうさまラジオ」毎週配信!