cover image

参加ガイド|【新潟県佐渡市】

<初夏の海編>離島・佐渡の新鮮なメバルを捌いて、とっておきのイタリアンを味わおう!
6/26 (土) 11:00 ~ 13:00
🍴
自然と伝統文化が織りなす美しい島、新潟県佐渡市。 豊かな土壌と気候を活かして、お米を中心に、おけさ柿やル・レクチェなどの果物など、様々な農産物が栽培されています。また、漁業ではエビ、イカ、ブリ、牡蠣など数え切れないほどの種類の魚介が水揚げされる、まさに食材の宝庫なんです。 そんな佐渡島のおいしい魅力を、キッチハイクでは季節ごとに3回に分けてお届けします!佐渡の特産品を販売する事業者を紹介するサイト「さどおしな」の事業者さんが、毎回登場しますよ。 イベント第1回目のテーマは「佐渡の海の幸」です。 今が旬のメバルを捌いて、とっておきのイタリアンを作りましょう!
 
この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。
 
目次
 

地域からお届けするもの

  • 旬のメバル一尾
  • 佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」(2合)
  • 佐渡海洋深層水 中硬水300( 500ml×1本)…当日はこちらの水でお米を炊きます
  • 佐渡産らっきょう500g(約30本)
📢
お届けする佐渡産らっきょうについて ・採れたてそのままをお届けしていますので、小さな虫がついていることがあります。 ・調理前によく洗ってくださいね。

イベント前に準備しておくこと(前日までにご確認ください)

準備① 食材の購入・道具の準備

以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてくださいね
🛒
お買い物リスト ・新玉ねぎ(玉ねぎでもOK)… 1/4個 ・生クリーム(乳脂肪分はお好みで。レシピは40%を使用)...70ml ・バター(無塩バターがおすすめ)...30g ・チキンコンソメパウダー(コンソメパウダーでもOK)…2g ※コンソメキューブ約1/2個 ・白ワイン…80ml ・オリーブオイル...適量 ==調味料== ・塩 ・こしょう ==飾り付け== パセリ、ブラックペッパー、ピンクペッパーなどお好みで
🍳
必要な道具 ・魚を焼くフライパン(26cm位の大き目のもの) ・ソースを作るフライパンか小鍋(20㎝位の小さめのものがあると作りやすいです)   ※今回はバターを焦がさないよう魚とソースを別々に作ります。 ・フライパンのふた(アルミホイルで代用OK) ・フライ返し(ターナー) ・木べら ・包丁(家庭用の包丁で大丈夫です) ・まな板 ・キッチンペーパー ・バット(魚の下準備用) ・スプーンorペットボトルのキャップ(鱗取り用)   ※専用の鱗取りがある方はそちらを使ってもOKです ・メバルの盛り付け皿 ・ごはん用の茶碗 ・ナイフ(なくてもOK)、フォーク

準備② お料理の下準備

◎メバルのバター焼き らっきょうのクリームソース
・野菜をよく洗っておく(調理が始まってから野菜も一緒に切っていきます)
・材料を計量しておく
 
◎佐渡産コシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」
・佐渡海洋深層水を使って、お米を炊飯器の表示通りに炊いておく。
 ※食事がはじまる(12:15頃)までに炊き上がるように各自で準備してくださいね

オンラインイベントへ参加(イベントの10分前)

  • 調理道具と食材を手に届くところにおいておいてください。
(余裕をもってイベント中に料理ができます)
  • メバルは調理を始めるまで、冷蔵庫に入れておいてください。
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどを画面がみやすいように固定しておいてください。(端末の上にラップを敷いておくと、お料理中も操作ができるので便利ですよ)

当日作るお料理

  • メバルのバター焼き らっきょうのクリームソース
  • 佐渡産コシヒカリの炊き立てご飯
notion image
notion image

当日のながれ

 
タイムライン

イベント終了後には

💐楽しかった思い出は「#ふるさと食体験 #キッチハイク」でシェア!
ハッシュタグ「#ふるさと食体験 #キッチハイク」をつけて投稿してみてくださいね。
キッチハイクの公式SNSで取り上げさせていただく場合もございます。
 
💐レビュー投稿をしよう!
イベントの写真や感想をレビュー投稿してもらえるとうれしいです。
 

関連リンク

www.instagram.com

料理を教えてくださる「夕食堂」さんインスタグラムです

料理のレシピ

※レシピの内容は無断転用はされないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

◎メバルのバター焼き らっきょうのクリームソース

notion image
🐟
材料 【メバルのバター焼き】 ・メバル    1尾 ・塩      少々 ・こしょう   少々 ・オリーブ油  適量 ・バター(無塩バターがおすすめ)15g ・白ワイン   40ml 【らっきょうのクリームソース】 ・らっきょう  5、6本 ・新玉ねぎ(玉ねぎでもOK)1/4個 ・バター(無塩バターがおすすめ)15g ・生クリーム   70ml ・白ワイン 40ml ・チキンコンソメパウダー(コンソメパウダーでもOK)2g ※コンソメキューブ約1/2個 ・塩      少々 ・こしょう   少々 【盛り付け】 パセリ、ブラックペッパー、ピンクペッパーなどお好みで
 
<作り方>
  1. メバルは鱗を取り、内臓を取り出した後、綺麗に水洗いする。キッチンペーパーで水分を拭き取る。(マルヨシ鮮魚店さんに『鱗の取り方のコツ』を教えてもらいます!)
  1. メバルの背骨に添って縦に切り込みを入れ、塩、こしょうで下味をつける。
  1. らっきょうは皮を剥き、茎と根を切り落とし、1.5cm位に切る。新玉ねぎは皮を剥き、粗めのみじん切りにする。
  1. 大き目のフライパン(約26㎝)にオリーブ油とバターを引き、中火で溶かす(バターが焦げないように注意)。メバルの頭が左側で腹が奥にくるように置き、中火で焼き目がつかない程度に表面を軽く焼く。
  1. フライ返しで、メバルを返し同様に軽く焼く。白ワインを加え、蓋(アルミホイルをかぶせてもOK)をして蒸し焼きにする。火は消えない程度の弱火に!(心配な方は、一度火を止めて白ワインを加え、再度火をつけましょう)
  1. メバルを焼いている間に、別の小さめのフライパンか小鍋(約20㎝)にオリーブ油を引き、中火で玉ねぎ、らっきょうを炒める。
  1. 玉ねぎが透き通ってきたら、バターを加え、玉ねぎの角が取れるまでさらに炒める(バターが焦げないように注意)。白ワインを加え、アルコールを飛ばす。(心配な方は、一度火を止めて白ワインを加え、再度火をつけましょう)
  1. 生クリーム、チキンコンソメ、塩、こしょうを加えて煮立たせ、弱火に落とす。たまに混ぜながらとろみがつくまで煮る。
  1. 火を止め、塩、こしょうで味を調える。
  1. メバルを皿に盛り付け、9のソースをかける。お好みで、パセリ、ブラックペッパー、ピンクペッパーなどを散らし飾りつける。
  1. 別皿にご飯を盛り付けて、完成。シンプルな料理なので、薄いと感じたら食べる時に各々塩で調整していただきましょう。
💡
ポイント ・らっきょうのホクホク食感を楽しめるように、1.5cm角の大きめに切っています。 ・バターを焦がさないように、注意しましょう。 ・素材の味を生かしてうすめの味つけにしています。お好みで調整してくださいね。

◎佐渡産らっきょうの楽しみ方

notion image
🤗
旬の佐渡産らっきょうの、ソース以外のおいしい食べ方を イベント当日に「夕食堂」髙橋さんにご紹介いただきます。お楽しみに!

見逃し配信