cover image

参加ガイド|【新潟県佐渡市】絶品新米×ごちそう汁

地域
<秋の実り編>佐渡島の“稲職人”が作る採れたて新米と、ソーセージを使った“ごちそう汁”で満腹昼ごはん
10/24(日)11:00~13:00
 
🍴
日本海で一番大きな離島、新潟県佐渡市は、国の特別天然記念物、朱鷺(トキ)が生息する希少な地域です。豊かな土壌と気候はもちろん、朱鷺と共存できる自然環境を整えることで、より安心・安全な農産物を生産する地域としても注目されています。 佐渡島イベント、2回目のテーマは「佐渡の秋の実り」。この秋、収穫したばかりの相田家産佐渡スーパーコシヒカリの魅力を「稲職人」と呼び声の高い「佐渡相田ライスファーミング」の相田忠明さんにたっぷり伺います。また、新米の炊きたてごはんがモリモリすすむごちそう汁を、島外のファンも多い食肉加工店「へんじんもっこ」渡邊省吾さん、佳奈子さんご夫婦と一緒に作りましょう。 春夏秋冬がはっきりとした環境が育む、季節の恵み。“稲職人”が丹精込めて育てた新米から、ドイツでの修業を経て作られる職人の食肉加工品、旬も間近の牡蠣まで、食欲の秋ならではの島の食材で、“シンプル・イズ・ベスト(でも満足感たっぷり!)”な白米と汁をかきこむ昼ご飯で、一緒にお腹を満たしましょう!
この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。
 
目次
 

 

地域からお届けするもの

  • 相田家産佐渡スーパーコシヒカリ(「朱鷺と暮らす郷づくり」認証米)(1㎏精米)
  • へんじんもっこ ケーギニン5本入り(160g)、ベーコン1ブロック(200g)
  • 加茂湖産牡蠣(剥き牡蠣 約150g)
  • 佐渡海洋深層水 中硬水300( 500ml×1本)
💡
おいしく食べるポイント ・剥き牡蠣の消費期限は4日です。当日は加熱調理して“ごちそう汁”として召し上がっていただきます。届いたらすぐに冷蔵庫に保存してください。安全を十分考慮した牡蠣を提供する予定ですが、直接手で触った後は手洗いを欠かさず、取り扱いには十分注意してください。みんなで安全においしく楽しみましょう! ・他の食材もすべて冷蔵庫に保存してください。
🚚
食材が届いたらすぐに開封して、不備がないか確認をお願いします。 なにか気になる点がございましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。 ▼ お問い合わせフォーム https://support.kitchhike.com/hc/ja/requests/new

イベント前に準備しておくこと(前日までにご確認ください)

準備① 食材の購入・道具の準備

以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてください!
🛒
お買い物リスト ・だしパック(800mlのだしがとれるお好みのもの、顆粒でもOK) ・にんじん ・ちくわ ・ほうれん草 ・片栗粉(牡蠣の下処理用) ==調味料== ・酒 ・塩
🍳
必要な道具 ・ご飯を研ぐ用のボウル(水切りがついていると使いやすいです。なければ炊飯窯で直接研いでもOK) ・鍋 ・フライパン ・お玉 ・フライ返し ・飯椀、汁椀 ・皿

準備② お料理の下準備

◎相田家産佐渡スーパーコシヒカリ
特に細かいコツは必要ありません!下記ポイントだけ気を付けて、おいしく炊いてくださいね。
  • お米1合or2合をボウル(水きり用の穴が開いていると使いやすいです)に入れ、水をたっぷり注いでやさしく手で混ぜる
  • こすったりせず、ぐるぐると手で優しく円を描くように混ぜる。2~3回水を取り替えて洗う
  • 少しにごったままでもOK(洗いすぎるとお米のうまみ成分が逃げてしまいます)
  • お届けした佐渡海洋深層水を炊飯器の表示通りに注ぎ、炊く(浸水は不要です。炊飯器に新米モードがある方はぜひご活用ください!)
※食事の準備がはじまる(11:50頃)までに炊き上がるようにセットしてくださいね。
 
◎牡蠣とソーセージ、ベーコンのごちそう汁
  • にんじんは水洗いして皮を剥き、2、3ミリのいちょう切りにする
  • ちくわは、5ミリ程度の輪切りにする
  • ほうれん草は茹でて水気を絞り 、一口大の長さにカットしておく。

オンラインイベントへ参加(イベントの10分前)

  • 調理道具と食材を手に届くところにおいておいてください。 (余裕をもってイベント中に料理ができます)
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどを画面がみやすいように固定しておいてください。(端末の上にラップを敷いておくと、お料理中も操作ができるので便利です)

当日作るお料理名

  • 相田家産佐渡スーパーコシヒカリの炊き立てご飯
  • 牡蠣とソーセージ、ベーコンのごちそう汁
notion image

料理のレシピ

◎牡蠣とソーセージ、ベーコンのごちそう汁

🥬
材料(約4人分) ・牡蠣(加熱用) 1袋(150g) ・片栗粉 小さじ1ベーコンブロック 約100g~120gケーニギン 5本にんじん 約50g(中なら約1/3本)ちくわ 1本(約20g)ほうれん草 適量 ・だし汁 800ml酒 大さじ2 塩 ひとつまみ(お好みで)
 
<作り方>
◎牡蠣の下処理をする
  1. 牡蠣を袋から出し、ザルにあげる。水気を切ってボウルに移す。
  1. 牡蠣に片栗粉と塩(分量外)を各小さじ1ずつふり、軽く混ぜる。
  1. ボウルへ水500mlを注ぎ、手で優しくかき混ぜて汚れを落とす。
  1. 汚れた水を捨て、きれいな水に入れ替えてゆすぐ。(2~3回)
  1. ザルにあげて水気を切る。
※牡蠣の下処理が終わったら、手を洗い回りを布巾やキッチンタオル等で拭きましょう。
◎ごちそう汁を作る
  1. ベーコンブロックを厚みを半分にするように縦半分に切り、約1cm幅に切る。
*分量とは別に1~2切れ多めに切っておいてください。
  1. 鍋にだし汁とベーコン、人参を入れて中火にかける。沸騰したら火を少し弱め人参に火を通す(約3~5分)。
  1. ちくわと牡蠣を加え、牡蠣に火が通るまで5分ほどコトコト煮る(アクが出たらとる)。
  1. フライパンにケーニギンを入れ、強火で表面に焼き目をつける。
  1. ソーセージを焼いた後のフライパンにそのままベーコンを置き表面に焼き目を付ける(炊き立てのご飯のお供用です)。
  1. 3に酒を加えて、一度味見をする。好みで塩を入れ味を調え、火を止める。
  1. 器に盛り付け、2等分にしたケーニギンと茹でておいたほうれん草をのせて、完成。
 
💡
ポイント ・牡蠣の取り扱いは十分に注意してください。牡蠣を触った後は手洗いをし、周りを布巾やキッチンタオルで拭くなど、清潔を保つようにしましょう。 ・牡蠣は十分に加熱しますが、火を通しすぎると縮んでしまうため、様子を見ながら煮ていきましょう ・素材の旨みがたっぷり出た汁になります。まず一度味見をしてから、お好みで調整してくださいね。

当日のながれ

 
タイムライン

イベント終了後には

💐楽しかった思い出は「#ふるさと食体験 #キッチハイク」でシェア!
ハッシュタグ「#ふるさと食体験 #キッチハイク」をつけて投稿してみてくださいね。
キッチハイクの公式SNSで取り上げさせていただく場合もございます。
 
💐レビュー投稿をしよう!
イベントの写真や感想をレビュー投稿してもらえるとうれしいです。
 

関連リンク

このイベントに参加した人におすすめ

「ごちそうさまラジオ」毎週配信!

見逃し配信