cover image

参加ガイド|【新潟県佐渡市】いごねり

地域
新潟県佐渡市
<冬の佐渡づくし編>“渋系”ソウルフードを初体験!佐渡島の人気蕎麦屋店主に教わる家飲みつまみ
2022年1月15日(土)11:00‐13:00
 
🍴
日本海に囲まれた離島、新潟県佐渡市。自然豊かな環境、土地に育まれた食材、地域に根付いた豊かな食文化は島外の料理人や海外からも注目され、近年、旅行先や移住先としても人気の地域となりつつあります。また恵まれた自然環境に改めて気づき、可能性を見出した島内の人々が、積極的に島の魅力を発信する動きも高まっています。 キッチハイクでは、これまで夏、秋とそんな佐渡の季節の魅力をお届けしてきました。最終回となる今回は「冬の佐渡」を楽しむイベントをお届けします! 3回目のテーマは島ならではの食文化。佐渡のソウルフードともいえる「いごねり」と「とび魚のすり身」を使ったお料理を、いごねり生産者「佐渡 早助屋」山内三信さんと、島外から訪れるファンも多いという「蕎麦 茂左衛門」の料理人、齋藤和郎さんに教わり、地酒「風和」といっしょに味わいます。 “渋系”ソウルフードをお燗につけた地酒「風和」でちょこちょこつまむ昼下がり。生産者の皆さんとほっこり杯を交わしながら、冬の佐渡に想いを馳せてみませんか?
 
この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。
 
目次
 

 

地域からお届けするもの

notion image
  • 「佐渡 早助屋」巻いごねり2本(120g)2パック 
  • 角いごねり(130g)1パック
  • とび魚のすり身(150g)1袋 
  • 「加藤酒造店」風和 純米酒 300ml1本(写真は「金鶴」ワンカップです。当日は別銘柄「風和」が300mlの小瓶で届きますのでお楽しみに!)
  • 「蕎麦 茂左衛門」のめんつゆ 1つ
💡
おいしく食べるポイント ・受け取った後は、すべての食材を冷蔵庫で保存してください。 ※お届けした日本酒は本来は常温で保存可能ですが、イベント内で冷酒で味わう予定がありますので、冷やしてお待ちくださいね。
 
🚚
食材が届いたらすぐに開封して、不備がないか確認をお願いします。 なにか気になる点がございましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。 ▼ お問い合わせフォーム https://support.kitchhike.com/hc/ja/requests/new
 

イベント前に準備しておくこと(前日までにご確認ください)

準備① 食材の購入・道具の準備

以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてください!
 
🛒
お買い物リスト ・しょうが 1片 ・長ネギ 1本(レシピではお好みの分量を使います)お好みの分量 ・ごま お好みの分量 ・焼き豆腐(なければ木綿豆腐でもOK。その場合は事前に水切りをしっかりしてください)1/4パック ・ごぼう 20g(約1/3本) ・にんじん 20g(約1/4本) ・大根おろし、キャベツやレタスなどの葉物(お好みでとび魚つみれハンバーグの付け合わせをご準備ください。なくてもOK!) ==調味料== ・醤油 ・油
 
🍳
必要な道具 ・包丁 ・まな板 ・ボウル 2つ ・ザル(水切りに使用。ボウルに重ねられるものがおすすめ) ・フライパン ・片手鍋(普通の鍋でもOK。ささがきを茹でたり、お燗をつけるための鍋です) ・ゴムベラ ・ターナー(フライ返し) ・菜箸 ・おろし金(すりおろし器) ・大き目のスプーン2つ(とび魚バーグの成形用) ・キッチンペーパー ・盛り付け用の器 ・カトラリー

準備② お料理の下準備

◎基本のいごねり
  • しょうがをお好みですりおろす
◎海士町そば
  • 長ネギは細切り(白髪ネギ)にしておく
◎とびうおのつみれハンバーグ
  • ごぼうとにんじん(各20g)は、ささがきにして長さ2〜3㎝にカットし、水にさらしておく
◎角いごねりの黒蜜かけ
  • 角いごねり半パックを2センチ角にカットし、冷蔵庫に保存しておく(そのうち一列分は、イベント最初の基本のいごねりの食べ方で酢味噌としょうが醤油でいただきます!)
 

 

オンラインイベントへ参加(イベントの10分前)

  • 調理道具と食材を手に届くところにおいておいてください。 (余裕をもってイベント中に料理ができます)
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどを画面がみやすいように固定しておいてください。(端末の上にラップを敷いておくと、お料理中も操作ができるので便利です)
 
 

当日作るお料理名

  • 基本のいごねり(各・巻き)をしょうが醤油で
  • 海士町(あままち)そば(巻きいごねりを「蕎麦 茂左衛門」のめんつゆで)
  • とび魚のつみれハンバーグ
  • 角いごねりのきなこ黒蜜かけ
  • 風和(冷酒・ぬる燗)
notion image
notion image

当日作る手順

  • レシピの内容は無断転用はされないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 各お料理のレシピが知りたい方は、当参加ガイドの一番最後をご参照ください。
 
◎基本のいごねり実演パート
  1. 巻いごねり1本を袋から出してシート状に広げ、三つ折りにする
  1. 短い辺の方から3㎝分ほど、幅5㎜の細切りにする(残った巻きいごねりは後程海士町そばに使用します)
  1. 器に盛り、すり下ろしたしょうがと醤油を添えて、完成
  1. 事前に準備して置いたデザート用の角いごねり一列分を取って器に盛りつけ、酢味噌(いごねりに付いてくるもの)を添えて、完成
 
💡
ポイント ・巻きいごねりは、当日「早助屋」山内さんにコツを教わりながら、一緒にカットしていきます。 ・巻きいごねりは細めに切るのがポイント。角いごねりと食べ比べて食感の違いをお楽しみください。
◎調理パート
  1. 巻きいごねり1本と、基本のいごねりでとっておいた分(併せて1パック使用)をシート状に広げ、三つ折りにする(この間に鍋に湯を沸かしておく)
  1. 短い辺の方から幅5〜8㎜の細切りにする。容器に入れて冷蔵庫に保存しておく。
  1. ささがきにしたごぼうとにんじん各20gを、沸騰したお湯で1分ほど茹でる。ザルにあげ、鍋に水を適量入れ、水に放つ。粗熱が取れたら、キッチンペーパーなどで水分を取り除く
  1. ボウルの上にザルを重ね、焼き豆腐1/4パックを入れてゴムベラなどで濾す(上手に漉せない場合は、ヘラで滑らかに潰してもOK!)
  1. 4を全て濾したらザルを外し、とび魚のすり身1パックを加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせる
  1. 3のごぼうとにんじんを加え、さらによく混ぜ合わせる
  1. フライパンを弱火の中火にかけ、油を適量引く。スプーン2個を使い、6のタネを適量取りながら、フライパンに落としていく(全量で5個が目安)。タネはフライパンの中で少し押さえて平たく整形する(厚さ1cmくらい)。弱目の中火で両面焼き目が付くまで焼く
  1. 並行して鍋にお燗のお湯を沸かす
  1. 沸騰したら火を止め、水を加え約50度に下げる(火傷にご注意ください)
  1. 9に「風和」の瓶を浸ける(つみれハンバーグが焼き終わるまで浸けておく)
  1. 器に盛りつけて、お好みで葉ものや大根おろしを添えて、とび魚のつみれハンバーグ、完成
  1. 2を器に盛りつけ、トップに白髪ねぎをのせる。お好みでゴマを散らして、海士町そば、完成
  1. 冷蔵庫から角いごねりを出し、器に盛りつけて上からきなこを散らす。黒蜜を回しかけて、角いごねりのきなこ黒蜜かけ、完成
  1. 10の瓶を取り出し、おちょこか小さな湯飲みに注ぐ(火傷にご注意ください)
 
💡
ポイント ・タネがやわらかいので、にんじんとごぼうの水分はしっかりと搾り切る ・焼き豆腐がない場合は、普通の木綿豆腐で。その場合はキッチンペーパーで水分をきちんと除いてください ・成形がうまくいかない場合はスプーンで落として平たくするだけでもOKです! ・お好みでネギなどを加えてもおいしいです ・「風和」の瓶は1回目の乾杯の後は常温に置いておいてください(瓶が冷えているとヒビが入ったり割れる危険があるため)。

当日のながれ

 
タイムライン

イベント終了後には

💐楽しかった思い出は「#ふるさと食体験 #キッチハイク」でシェア!
ハッシュタグ「#ふるさと食体験 #キッチハイク」をつけて投稿してみてくださいね。
キッチハイクの公式SNSで取り上げさせていただく場合もございます。
 
💐レビュー投稿をしよう!
イベントの写真や感想をレビュー投稿してもらえるとうれしいです。
 

関連リンク

各料理のレシピ

いごねりのしょうが醤油

🥬
材料(人数分) ・巻いごねり 1人約3㎝分(1パック2本入り) ・しょうがすりおろし 適量 ・醤油 適量
<作り方>
  1. 巻いごねりを袋から出してシート状に広げ、三つ折りにする
  1. 短い辺の方から3㎝分ほど、幅5㎜の細切りにする
  1. 器に盛り、お好みでしょうがのすりおろしと醤油をつけて食べる
💡
ポイント ・しょうがのすりおろしと醤油は和えて食べてもおいしいです。

海士町(あままち)そば(いごねりのそば風)

🥬
材料(2人分) ・巻いごねり 1パック ・めんつゆ 適量(1人分100cc程度)※希釈後の分量 ・せん切りにした長ネギ、ごま お好みで
 
<作り方>
  1. 巻いごねりを袋から出してシート状に広げ、三つ折りにする
  1. 短い辺の方から幅5〜8㎜の細切りにする
  1. 器に盛り、めんつゆを加え、お好みで長ネギとごまを散らす

◎とび魚のつみれハンバーグ

🥬
材料(2人分) ・とび魚のすり身 1パック焼き豆腐 1/4パック ・ごぼう 20g(約1/3本分) ・にんじん 20g(約1/4本分)大根おろし、キャベツやレタスなどの葉物(お好みでとび魚つみれハンバーグの付け合わせをご準備ください。なくてもOK!)
 
<作り方>
  1. ごぼうとにんじん(各20g)は、ささがきにして長さ2〜3㎝にカットし、水にさらしておく
  1. 1を、沸騰したお湯で1分ほど茹でる。ザルにあげ、鍋に水を適量入れ、水に放つ。粗熱が取れたら、キッチンペーパーなどで水分を取り除く
  1. ボウルの上にザルを重ね、焼き豆腐1/4パックを入れてゴムベラなどで濾す(上手に漉せない場合は、ヘラで滑らかに潰してもOK!)
  1. 全て濾したらザルを外し、とび魚のすり身1パックを加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせる
  1. 2のごぼうとにんじんを加え、さらによく混ぜ合わせる
  1. フライパンを弱火の中火にかけ、油を適量引く。スプーン2個を使い、5のタネを適量取りながら、フライパンに落としていく(全量で5個が目安)。タネはフライパンの中で少し押さえて平たく整形する(厚さ1cmくらい)。弱目の中火で両面焼き目が付くまで焼く
  1. 器に盛りつけて、お好みで葉ものや大根おろしを添える
 
💡
ポイント ・タネがやわらかいので、にんじんとごぼうの水分はしっかりと搾り切る ・焼き豆腐がない場合は、普通の木綿豆腐で。その場合はキッチンペーパーで水分をきちんと除いてください ・成形がうまくいかない場合はスプーンで落として平たくするだけでもOKです! ・お好みでネギなどを加えてもおいしいです

◎角いごねりのきなこ黒蜜かけ

🥬
材料(2人分) ・角いごねり 1/2パック ・黒蜜、きなこ お好みの量 ※イベントでは一緒にお届けしますが、家庭でおつくりの際はご自身でご準備ください。
<作り方>
  1. 角いごねりをパックから出し、2㎝角に切る
  1. 器に盛り、きなこと黒蜜を好きなだけかける

このイベントに参加した人におすすめ

「ごちそうさまラジオ」毎週配信!

見逃し配信