cover image

参加ガイド|【鹿児島県枕崎市】かつおの腹皮(昼/夜共通)

 
“かつおのトロ” が日常食?! かつお節生産量日本一のまちで、地元民に教わるローカルフード
開催日時 2月27日
🍴
こちらは、今回鹿児島県・枕崎市からお届けする食材を美味しく&楽しく食べるための参加ガイドです(昼/夜共通)。目次から好きなところに飛んでいただけます。
 
この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。
 
目次
 

地域からお届けするもの

notion image
  • かつおの腹皮 500g
  • 枕崎ぶえん鰹 150〜250g ※生のまま冷凍した刺身用
  • かつお味噌 (中村屋) 1パック
  • かつお味噌 (まるた屋) 1パック
  • 枕崎産 本枯れ節 1袋
  • カツオカケル (うま塩味) 1瓶
  • 太陽醤油 360ml
  • 薩摩酒造「白波ブランド」芋焼酎 12度/200ml ※上記の写真には入っていません/20歳未満の方へは代替品を送付します。
💡
おいしく食べるポイント ・受け取り後の保管方法 ・おいしく食べるための解凍方法
 
🚚
食材が届いたらすぐに開封して、不備がないか確認をお願いします。 なにか気になる点がございましたら、お問い合わせフォームにご連絡ください。 ▼ お問い合わせフォーム https://support.kitchhike.com/hc/ja/requests/new
 

イベント前に準備しておくこと(前日までにご確認ください)

準備① 食材の購入・道具の準備

以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてください!
🛒
お買い物リスト (2人分) ・小松菜 1/2袋 (4〜5束) ・大葉/レタスなど ※蒲焼きに添えるものなのでお好みの種類・量で ==調味料== ・片栗粉 適量 ・油 適量 ・ザラメ 100cc(100g) ※ない方はてんさい糖や白砂糖でもOK ・みりん 100cc ・ごま、七味唐辛子、青のり お好みで ※醤油は、お届けする太陽醤油を100cc使います ※お届けした特産品セットに紙のレシピが入っておりますが、そこから醤油・ザラメ・みりんの割合が変更されています。こちらの参加ガイドが最新です!
 
🍳
必要な道具 ・鍋 (小松菜を茹でる用) ・フライパン (腹皮を揚げ焼きする用) ・開いた牛乳パック(腹皮の匂いがまな板につかないように)※推奨 ・ビニール袋 2枚ほど(片栗粉をまぶす用、下処理をする時に小骨を捨てる用)※推奨

準備② お料理の下準備

【前日】
  • 腹皮2枚を冷蔵庫に入れる、または流水で解凍しておく
 
【当日】
  • 小松菜を茹でるためのお湯を沸かしておく⇨料理時間まで保温状態に
  • 小松菜を洗っておく(切らなくてOK)
  • ごはんを炊いておく🍚
  • (ぶえん鰹の刺身を一緒に食べたい方は) 解凍しておく

オンラインイベントへ参加(イベントの10分前)

  • 調理道具と食材を手に届くところにおいておいてください。 (余裕をもってイベント中に料理ができます)
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどを画面がみやすいように固定しておいてください。(端末の上にラップを敷いておくと、お料理中も操作ができるので便利です)
 

当日作るお料理名(2人分)

  • 腹皮の蒲焼き
  • 小松菜のかつお味噌和え
notion image
 

当日作る手順

  • レシピの内容は無断転用はされないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 各お料理のレシピが知りたい方は、当参加ガイドの一番最後をご参照ください。
  1. 小松菜のかつお味噌和えを作る。沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、小松菜1/2袋(4〜5束)の茎の方を入れて30〜1分ほど茹で、続いて全体を鍋に入れて30秒ほど茹でる。
  1. 茹で上がったらザルにあげ、全体をぎゅっと絞って水気を切る。
  1. 根元を切り落とし、2〜3㎝に切り、手で絞ってしっかりと水気を切る。
  1. ボウルか器に入れ、かつお味噌(40〜50g) を入れてよく混ぜる。(かつお味噌の量はお好みで加減する)
  1. 腹皮の蒲焼きのタレを作る。お届けした太陽醤油100cc、ザラメ100cc(100g)、みりん100ccを鍋にいれ(どれも半カップずつ) ザラメが溶けたらお好みで、ごま、七味唐辛子、青のり等を入れて混ぜる。※タレは多めの分量を作っています/枕崎の甘めの味です!
  1. 腹皮2枚を綺麗に洗って小骨を剥がし、余分なものを切り落とす。(シンクのすぐそばでやるのがおすすめ。事前にまな板に牛乳パック等を敷くと、まな板に匂いがつく心配がないです)
  1. 腹皮を一口大に切って、キッチンペーパーに挟んで水分を十分に切る。ビニール袋に片栗粉を入れて、腹皮を入れて片栗粉をまぶす。
9. フライパンに油をうすく引き、適温になったら揚げ焼きする。
10. 温かいうちにタレにくぐらせる。
11. 皿にレタス、大葉などの野菜を付け合わせて、腹皮とかつお味噌和えを盛り付ける。
 
💡
ポイント ・腹皮の小骨の取り方は難しいので、当日茅野さんに教えていただきましょう! ・鰹の匂いが強いので、牛乳パックがあると便利です。 ・小骨を捨てられるように、ビニール袋などをセットしておくと楽ですよ♪

当日のながれ

 
タイムライン

イベント終了後には

💐楽しかった思い出は「#ふるさと食体験 #キッチハイク」でシェア!
ハッシュタグ「#ふるさと食体験 #キッチハイク」をつけて投稿してみてくださいね。
キッチハイクの公式SNSで取り上げさせていただく場合もございます。
 
💐レビュー投稿をしよう!
イベントの写真や感想をレビュー投稿してもらえるとうれしいです。
 

関連リンク

各料理のレシピ

◎腹皮の蒲焼き(2人分)

🥬
材料 ・生腹皮 2枚 ・片栗粉 適量 ・油 適量 ・醤油 100cc ・ザラメ 100cc(100g) ・みりん 100cc ・ごま/七味唐辛子/青のりなど、お好みの量 ・大葉/レタス 適量 ※お届けした特産品セットに紙のレシピが入っておりますが、そこから醤油・ザラメ・みりんの割合が変更されています。こちらの参加ガイドが最新です!
 
<作り方>
  1. 醤油100cc、ザラメ100cc(100g)、みりん100ccを鍋に入れ、ザラメが溶けたら、お好みで
  ごま、七味唐辛子、青のり等を入れて混ぜる。
2. 腹皮2枚を綺麗に洗って小骨を剥がし、余分なものを切り落とす。
3. 腹皮を一口大に切って、水を切り、片栗粉をまぶす。
4. 油を準備して、適温になったら揚げる。
5. 温かいうちにタレにくぐらせる。
6. 皿にレタス、大葉などの野菜を付け合わせて、盛り付ける。
💡
ポイント 前日までに流水や冷蔵庫で腹皮2枚を解凍しておきましょう! 鰹の匂いが強いので、牛乳パックがあると便利です。 小骨を捨てられるように、ビニール袋などをセットしておくと楽ですよ♪
 

◎小松菜のかつお味噌和え(2人分)

🥬
材料 ・小松菜 1/2袋 (4〜5束) ・鰹みそ 40〜50g
 
<作り方>
  1. 沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、小松菜の茎の方を入れて30〜1分ほど茹で、続いて全体を鍋に入れて30秒ほど茹でる。
2. 茹で上がったらザルにあげ、全体をぎゅっと絞って水気を切る。
3. 根元を切り落とし、2〜3㎝に切り、手で絞ってしっかりと水気を切る。
4. ボウルか器に入れ、かつお味噌を入れてよく混ぜる。(かつお味噌の量はお好みで加減する)
5. 人数分取り分ける。
💡
ポイント 小松菜を水で洗って、お湯は沸かしておきましょう! かつお味噌の量はお好みで大丈夫です。

このイベントに参加した人におすすめ

「ごちそうさまラジオ」毎週配信!

見逃し配信