参加ガイド|【庄内地域】庄内柿勉強会イベント

【山形県庄内地域】庄内柿勉強会イベント
2023年10月19日(木)12:00〜14:00
 
🍽️
こちらは「山形県庄内食材 勉強会イベント」にご参加いただく料理講師の方向け、オンラインイベントの参加ガイドになります。 山形県の海側に位置する鶴岡市は、四季の変化が豊かで食材に恵まれた地域です。山菜やきのこなどの山の幸、米、枝豆などの里の幸、サクラマスや寒鱈などの海の幸など、おいしい食材が豊富。地域の食文化を数百年にわたって守り続けてきたことから、2014年には日本初となる「ユネスコ食文化創造都市」に認定されました。今回の食材は、庄内地域の秋の味覚として人気が高い種なし柿「庄内柿」。庄内地域で100年以上栽培されており、甘みが強く、風味もとても良い柿です。イベントでは、この庄内柿の魅力を存分に生かしたレシピをご紹介します。鶴岡市の自然が育んだ究極のフルーツのおいしさをぜひご体感ください。 イベントでは料理教室で思わず生徒さんに教えたくなる情報がたくさん!生産者さんからは庄内柿の歴史や栽培のこだわり、シェフからは庄内柿の使い方や食材の活かし方に関するお話が聞けますよ。少人数開催なので、質問は大歓迎です。ゲストと直接お話ができるチャンスですのでお楽しみにしてくださいね。 お料理の合間に奥田シェフからお話がありますので、ぜひノートとペンをお手元にご用意の上、ご参加ください!
📢
参加ZOOM URL
https://zoom.us/j/98355314952 ミーティング ID: 983 5531 4952 10月19日(木)は11:55〜12:00の間で、ZOOMにご入室ください。
当日は、カメラオンでご参加となります。背景の写り込みが気になる方は「背景をぼかす」設定をしてご参加くださいね。
この参加ガイドを、事前にプリントアウトしておくのがおすすめです。
 
目次
 

地域からお届けするもの

  • 庄内柿(5kg・24〜30個程度) ・猛暑の影響で柿の生育が例年より遅れたため、イベント・レシピ開発用には庄内柿のうち「石橋早生」「刀根早生」という品種を半分ずつお届けします。 ・旬が早い刀根早生からお使いください。 ・表面の黒ずみや傷は自然由来のものです。風味には影響がありませんのでご安心ください。
 2023年10月17日(火)19:00〜21:00 のお届けです。
💡
おいしく食べるポイント ・荷物が届きましたら中を確認し、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存してください。 ・その際、ティッシュを数枚入れると湿気予防になります。2〜3日に1回ポリ袋を開けて袋内を換気するのがおすすめです。
🚚
食材が届いたらすぐに開封して、不備がないか確認をお願いします。 なにか気になる点がございましたら、以下にご連絡ください。 ▼ お問い合わせ先 竹下(natsuki@kitchhike.com)

当日作るお料理名

  • 豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み(4人前)
  • 柿とクリームチーズ(1人前)
  • 柿とフェンネルサラダ(1-2人前)
  • 蕎麦柿ジェラート(1-2人前)

イベント前に準備すること

準備① 食材の購入・道具の準備

以下の「お買い物リスト」を参照して、おうちにご用意がない食材を購入しておいてください! 「豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み」は干し柿を使うレシピになります。もしご用意が難しい場合は、奥田シェフのレクチャーを見ていただき、後日お試しください。
🛒
お買い物リスト豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み ・干し柿 2個(市販のものをご用意ください) ・豚バラ肉ブロック 500g ・エストラゴン 適量 ・クローブ ホールタイプ1本
◎柿とクリームチーズ ・クリームチーズ 20g ◎柿とフェンネルサラダ ・ディール 小さじ1 ・レタス 1~2人分(サニーレタスまたは普通のレタス) ・くるみ 8粒 ・フェンネル(茎・葉) 適量 ・レモン 適量 ◎蕎麦柿ジェラート ・蕎麦茶の実 大さじ1程度 ・バニラアイス 200g程度 ・アマレット 適量 ==調味料== ・エクストラバージンオリーブオイル (柿とクリームチーズ…小さじ2、柿とフェンネルサラダ…適量) ・塩 適量 ・みりん 300ml ・赤ワイン 300ml
🍳
必要な道具 ・包丁 ・まな板 ・鍋 2つ ・ボウル ・煮込んだ肉を取り出して置くトレイなど ・盛り付け皿 ・計量スプーン ・スケール ・ミキサー ※イベントでは2口コンロを使います。

準備② お料理の下準備(イベント1時間前)

◎蕎麦柿ジェラート
  • 柿1個の皮をむいて何等分かにカットし、冷凍庫に1時間ほど入れてシャーベット状にする
豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み
  • 豚バラ肉500gを4㎝の角切りにする
  • 豚肉を茹でるために、鍋に水を入れて沸かし保温しておく
  • みりん、赤ワイン各300ml、クローブ1本を用意する
◎柿とクリームチーズ
  • 柿とクリームチーズそれぞれ20gずつを5㎜角切りにする
  • ディール小さじ1をみじん切りにする
  • EXVオリーブオイル小さじ2を計量しておく
柿とフェンネルサラダ
  • 柿を食べやすい大きさに切る
  • レタスを食べやすい大きさにちぎる
  • くるみを適度な大きさに砕く
  • レモンを切ってしぼり、塩とオリーブオイルと合わせておく
💡
ポイント ・使用する柿について、ジェラートには柔らかい柿、サラダには固めの柿がおすすめです。 ・イベント開始15分を目安に調理がスタートします。豚肉を茹でるお湯は、すぐに沸騰するようイベント開始直前から保温しておいてください。

オンラインイベントへ参加(イベントの10分前)

  • 調理道具と食材を手に届くところにおいておいてください。 (余裕をもってイベント中に料理ができます)
  • パソコン、スマートフォン、タブレットなどを画面がみやすいように固定しておいてください。(端末の上にラップを敷いておくと、お料理中も操作ができるので便利です)

当日作る手順

  • レシピの内容は無断転用はされないよう、ご理解とご協力をお願いいたします。
  • 各お料理のレシピが知りたい方は、当参加ガイドの一番最後をご参照ください。

●「豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み」の下準備をする(約10分)
  1. 鍋にみりん300ml と赤ワイン300mlを入れて火をつける
  1. 別の鍋で沸かしたお湯で肉の表面を茹で、1の鍋にいれる
  1. クローブを鍋に入れて70度で40分ほど茹でる
●「柿とクリームチーズ」を作る(約5分)
1. 5mm角に切った柿20gとクリームチーズ20gを皿に交互に並べる
  1. オリーブオイル小さじ2とみじん切りにしたディール小さじ1を混ぜ合わせ、1の上にかけたら完成
●「柿とフェンネルサラダ」を作る(約5分)
  1. 皿にお好みの量のレタスを盛り、上から柿1/2個のスライス、砕いたくるみ8個分、フェンネルのスライスをかける。
  1. お好み量のレモン汁、塩、オリーブオイルを合わせたものを、1にまわしかけたら完成
●「蕎麦柿ジェラート」の下準備をする(約10分) 1.  切ってシャーベット状にした柿とバニラアイス200g をミキサーにかけてジェラート状にする
  1. 1のジェラートに蕎麦の実をかける(ジェラートと蕎麦茶の実が3:1の割合になるように)。混ぜ合わせた後、上からアマレットをかけたら完成
●「豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み」を煮込む(約15分)
●「豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み」の味付けをする(約10分)
  1. 煮込んだ肉とクローブを鍋から取り出し、煮汁を煮詰める(時間の都合で1人前の汁のみ鍋に残して煮詰める)
  1. 1人前の肉(角煮3~4個)を入れてさらに煮詰めたあと、鍋に干し柿2個とエストラゴン適量を和えたら、食材を取り出しお皿に盛って完成

当日のながれ

各料理のレシピ

豚の干し柿入りの味醂スパイシー煮込み
🥬
材料(4人前) ・干し柿 2個(市販のものをご用意ください) 豚バラ肉ブロック 500g エストラゴン 適量 クローブ ホールタイプ1本 みりん 300ml 赤ワイン 300ml
<作り方> *丁寧に作る場合のレシピです
  1. 鍋にみりんと赤ワインを300mlずつ入れて火をつける
  1. お湯を沸かし、4cm角切りにした肉500g の表面を茹で、1に入れていく
  1. クローブ1本を入れて 4 時間 70°C位で茹でる
  1. 肉とクローブを外し、煮汁を煮つめた後、肉を入れて冷まして 2 日おく
  1. 更に煮つめた4の中に干し柿2個を入れてエストラゴン適量を合えて皿に盛ったら完成
 
柿とクリームチーズ
🥬
材料(1人前) ・柿(5mm角切り) 20g クリームチーズ(5mm角切り) 20g EXVオリーブオイル 小さじ2 ディール(みじん切り) 小さじ1
<作り方>
  1. 柿20gとクリームチーズ20gを交互に並べる
  1. ディール小さじ1を刻んでオリーブオイル小さじ2にいれたものを上からかけたら完成
柿とフェンネルサラダ
🥬
材料(1-2人前) ・庄内柿または柿時雨 1/2個 レタス(またはサニーレタス) お好みの量 くるみ 8粒 フェンネルの茎、葉 それぞれ適量
オリーブオイル 適量 レモン 適量 塩 適量
<作り方>
  1. 柿1/2個を食べやすい大きさに切り、レタスを食べやすい大きさにちぎる。くるみ8粒は適度な大きさに砕く
  1. お好み量のレモンを切ってしぼり、塩とオリーブオイルと合わせておく
  1. レタスに2を混ぜて皿に盛る。上から柿のスライスとくるみとフェンネルのスライスを盛ったら完成
 
蕎麦柿ジェラート
🥬
材料(1-2人前) ・柿(切って1時間ほど冷蔵庫で凍らせたもの) 1個 蕎麦茶の実 大さじ1 バニラアイス 200g アマレット 少々
<作り方>
  1. 柿1個の皮をむいて何等分かにカットし、冷蔵庫に1時間ほど入れてシャーベット状にする
  1. 切ってシャーベット状にした柿とバニラアイス200g をミキサーにかけてジェラート状にする
  1. 2のジェラートに蕎麦の実をかける(ジェラートと蕎麦の実が3:1の割合になるように)。混ぜ合わせた後、上からアマレットをかけたら完成

ゲストのご紹介

「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ / 奥田政行さん
山形県鶴岡市出身。「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ。高校卒業後、東京でイタリアン、フレンチ、フランス菓子、ジェラート作りの修行に勤しむ。2000年、山形県鶴岡市に地元食材にこだわるイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」をオープン。2006年にはイタリア・スローフード協会国際本部「テッラ・マードレ2006」で、「世界の料理人1000人」に選出された。2009年、東京・銀座の「YAMAGATA San-Dan-Delo(ヤマガタ サンダンデロ)」オープンを皮切りに全国に店舗を展開。「料理は、ソースをなるべく使わない」ことがモットー。食材のひとつひとつが持つ小さなつぶやきに耳を傾け、持ち味を最大限に生かす新鮮、シンプル、スピーディー調理を心掛けながら、身体と心に満足を感じていただける料理を提供している。

イベント終了後には

💐料理教室の様子や料理画像は、Instagramでシェアをお願いします!
ハッシュタグ「 #庄内柿 #食の都庄内 #庄内柿料理教室 #キッチハイク」をつけて投稿のご協力をお願いします。
キッチハイクの公式SNSで取り上げさせていただく場合もございます。
 
💐料理講師の方のアンケート、生徒用アンケートは以下になります。 料理講師の方で、オンラインイベントで回答できなかった方は以下よりご回答ください。 また、庄内地域コラボ料理教室にご参加いただいた生徒様全員にアンケートを取っていただけますようお願いいたします。QRコードをプリントしていただき、生徒様に読み込んでいただけるとスムーズです。

▼料理講師様用 アンケート

【10/19(木)庄内地域】勉強会イベント参加後アンケート

▼料理教室生徒様用 アンケート

庄内食材のおすすめ情報

▼食の都庄内 Instagram
▼東京銀座の山形県アンテナショップ

見逃し配信

イベント開催後に再生できるようになります
イベントを見返したい方、当⽇やむをえずZoomに参加できなかったは、 見逃し配信をチェックしてみてくださいね。 *開催後1ヶ月間ほど再生可能です
 

お問合せ先

やむをえず当日参加できない方は、こちらのメールアドレスまでご欠席の旨をご連絡くださいね。 担当:竹下(natsuki@kitchhike.com)