体験ガイド|【日向市】細島いわがきとへべす

🍴
こちらは、宮崎県・日向市からお届けする食材を美味しく&楽しく食べるための体験ガイドです。目次からお好きなところに飛んでいただけます。
 
目次
 

幻の柑橘”「へべす」と大粒クリーミーな「細島いわがき」を楽しむレシピ

 
💡
受け取り後の保管方法・消費期限 <保存方法> カキは箱から出し、バットや皿に重ならないように広げます。水で濡らして軽く絞ったペーパータオルをカキ全体をおおうように広げ、その上からふんわりとラップをして冷蔵庫で保管してください。
 

◎へべす ジュレ 

🥬
材料 ・へべす 1個分の果汁 (へべす1個で約大さじ1.5の果汁) しょうゆ へべすの果汁と同量 粉末寒天 小さじ1水 200ml
<下準備>
  • 小鍋に粉末寒天と水を加えてよく混ぜ、5分以上ふやかしておく。
  • ジュレを冷やすための氷を用意する。
<作り方>
  1. へべすの果汁としょうゆを混ぜる。
  1. 中サイズのボウルに氷水を張る。
  1. [1]を中火にかけ沸騰したら、[2]を入れてさらに1分以上沸騰させる。
  1. 火を止めたら、[4]を小さいボウルに移す。[3]のボウルに当てて粗熱を取る。
  1. 粗熱が取れたら、出来るだけ面積が広いバットやタッパーに移して、冷蔵庫で固まるまで冷やす。
  1. [5]をフォークでくずし、蒸した細島いわがきの上に適量をのせる。お好みでへべすを飾る。
💡
ポイント ・粉末寒天は溶けにくいので、沸騰してからよくかき混ぜて完全に溶けるまで加熱する。
 

◎タイ風 へべすのエスニックソース

🥬
材料 ・へべす 2個分の果汁(へべす1 個で約大さじ1〜1.5の果汁) ナンプラー(好みでしょうゆやしょっつるなど) 果汁と同量生⻘唐辛子(あればプリッキーヌ) 1〜2本 ミニトマト 2〜3 個分パクチー 1株
<下準備>
  • ミニトマト、パクチー、へべす3個を洗っておく。
<作り方>
  1. 青唐辛子は薄い輪切りにする。
  1. パクチーの茎は細かく切り、葉の部分はざっくりトッピング用に切っておく。
  1. ミニトマトは8mm角に切る。
  1. へべすとナンプラー、⻘唐辛子、パクチーの茎、ミニトマトをボウルに入れて混ぜる。
  1. 細島いわがきに[4]を適量かける。お好みでヘべすを飾る。
💡
ポイント
・辛さが苦手な方は、生唐辛子を抜いてもOK!生青唐辛子が手に入らない方は、赤唐辛子で代用してください。 ・へべすの皮はりんごのように皮を剥いて(白い部分は苦いので出来るだけ入らないようにする) 刻むと食べやすいです。
 

◎蒸し細島いわがき

<下準備>
  • カキの殻をたわしなどでこすり、洗う。平らな方を上にして鍋やフライパンに並べて、水を鍋底2cmくらいまで注ぐ。 ※テフロン製の鍋など、鍋の傷つきが気になる方は鍋底にアルミホイルを敷くと良いです。
<作り方>
  1. 鍋を中火にかけ、ふたをして中火で8〜10分ほど加熱する。
  ※1度に全量が入り切らない場合は、鍋2つもしくは2回に分けて蒸す。   ※蒸している時に、水が蒸発しきらないように確認。
  1. 軍手をつけ、やけどに注意しながら、カキをフライパン・鍋から取り出す。
  1. 軍手をつけたまま、カキの平らな方を上にしてタオルもしくは布巾の上におく。カキナイフを差し込み、2枚の殻を取り外す。
 
カキの剥き方のコツ>
  • 持ち上げずにタオル等の上に置いて、固定させた状態でやると安全です。
  • 平らな方を上にして置くと、右上あたりに貝柱があります。(赤丸) 殻の右上からナイフを差し込み貝柱を外し、上殻の内側に向かって刃を進めるとうまく取り外せます。

おすすめドリンク

  • 料理家の寺本さんおすすめ:今回のお料理に合う飲み物 冷えた白ワイン・スパークリングワイン
  • へべす農家黒木さんおすすめ:へべすを使った飲み物 炭酸水+へべす果汁+(ミント) ビール+へべす果汁 焼酎+炭酸水+へべす果汁
 

お料理する前に用意するもの

🛒
お買い物リスト ・生⻘唐辛子(あればプリッキーヌ) 1本〜2本  ※手に入らなければ鷹の爪でも可。辛さが苦手な方は抜いても良いです。 ・ミニトマト 2〜3 個分 ・パクチー  1株 ・粉末寒天  小さじ1 (約2.5g) ・氷 (ジュレを急冷する用) 適量 ・カキに合わせるお好きな飲み物 ★おすすめドリンク ==調味料== ・ナンプラー(お好みでしょうゆやしょっつるなど)大さじ2〜3 ・しょうゆ  約大さじ1 〜1.5 ※ナンプラー、しょうゆの分量は、それぞれのソースで使うへべす果汁の分量と同量。果汁1個分につき約大さじ1〜1.5で調整してください。
🍳
必要な道具 軍手 (※蒸したてのカキを開けるのはとても熱いので、軍手が必要となります。)
・カキが入るくらいの深めのフライパンもしくは鍋 (ステンレスや鉄のものがおすすめ) ・フライパンや鍋の蓋 (蒸しているカキが見えるよう透明がおすすめ) ・小鍋 (ジュレを作る用) ・ボウル(小・中)それぞれ1個  ・バットもしくは底面が広い容器(ジュレの液体を固める用/ステンレス製がおすすめ) ・スプーン ・フォーク ・包丁/まな板 ・タオルもしくは布巾 (カキを開ける時に下に敷くと安定します) ・カキ用ナイフ (テーブルナイフでも可能ですが、100円ショップでも購入できるカキ用ナイフだと剥きやすいです。)
 

関連リンク

日向市のふるさと納税をチェック! ▼もっとへべすを使いこなしたい方 (9月半ばまで限定)
 
▼細島いわがきをもっと食べたい方 (8月31日まで限定)